• UTではたらく人
  • /社員インタビュー

夢だった、
ものづくりの仕事。
一歩ずつ、
一人前になりたい。

A.Y.さん
UTエイム株式会社
製造オペレーター 2019年新卒入社

2019年4月、UTエイムに新卒として入社。大手半導体メーカーで製品テスト業務を担当している。

「エンジニア」って、かっこいい。
未経験で飛び込んだ、半導体の世界。

大学時代は、化学を専攻していました。なので、就活当初は化学メーカーをメインに見ていたんです。けれど、なかなか選考がうまくいかなくて。もう少し視野を広げてみようと、色々な業界を調べたり、企業説明会に足を運んだりするうちに興味を持ったのが「エンジニア」という仕事。PCに向き合い、難解なプログラミング言語を自由自在に操る……そんなイメージに、漠然と憧れを抱きました。もともと、ものづくりが好きだったこともあり、化学以外の分野でも携わってみたいと思ったんです。就活エージェントの方にUTを紹介され、未経験であっても応募できると知って選考を受けることに。内定をいただき、入社後に配属された今の企業では、自動車に搭載される半導体製品のテスト開発を担当しています。製品が正しく動作するかを確かめるため、お客様からご要望のあったテスト項目を自らプログラミングし、測定する仕事です。半導体もプログラミングも、全く知識がなかった私。当初は見よう見まねでしたが、日々先輩に教わりながら、今では少しずつ理解して進められるようになりました。

一つずつ学んで、
頼られる存在になっていきたい。

私が担当する製品には、色んなエンジニアの方が携わっています。たとえば最近では、コロナで海外渡航が難しいため、現地の工場で不具合が起きない新しいプログラムをつくろうと、半導体装置のプロフェッショナルの方と一緒に仕事をする機会がありました。自分では書かないコーディング技術を学べたり、疑問を直接聞くことができたり。とても勉強になりました。また、普段一緒に勤務しているUTの先輩からも学ぶ部分は多いです。テキパキ業務を進める姿や、ミーティングの場の仕切り方、お客様への簡潔な話し方。こういう先輩になりたい、というイメージが身近にあります。まだまだ先輩に頼っている部分も大きいので、まずは一つでも、信頼して任せてもらえるように頑張りたいと考えています。実は、今の勤務先には、新卒で配属された同期が6人いるのですが、全員が未経験からのスタートでした。一つの技術を身につけることは、もちろん簡単ではありません。けれど、小さなことでも興味をもって学んでいけば、一歩ずつ、確実に成長していけるのだと思います。こんな私でも大丈夫でしたから、どうかみなさんも、勇気を持って一歩踏み出してみてください。