• UTではたらく人
  • /社員インタビュー

挫折の先にたどり着いた、
自分らしく
成長できる場所。

Y.D.さん
UTエイム株式会社
加西オフィス

2017年新卒入社。兵庫で生まれ育つ。ハイブリッド車に搭載するバッテリーの製造を担当。入社一年目で製造の全体工程を担当するマシンキーパーを、二年目からシフトリーダーを担う。

プログラミングでの挫折。
探し始めた、新しい道。

小学生の時から、理科が好きでした。高校では理数科に進学し、そこで興味を持ったプログラミングを三年間、神戸の専門学校で学びました。実際に自分でプログラムを組んで実行するのはとても面白く、うまくいったときの達成感が好きでした。しかし、プログラミングの道に進まなかったのには理由があります。私のいた専門学校では、2年生の終わりに卒業制作を行うのですが、自分のチームはそれがどうしても上手くいきませんでした。ゲームを作るためのプログラミングを行っていたのですが、全く思い通りに進まず、次第に「プログラマーに向いていないのかな」と自信を無くしていきました。就活が本格化する時期に差し掛かり、せっかく学んだプログラミングを諦め切れない気持ちもありましたが、決断することに。どうせなら全く違う分野に挑戦してみようと、色々な企業が集まる説明会に参加しました。各企業の先輩が、「大きなプロジェクトに関われる」「他ではできない仕事がある」といったメッセージを発する中、UTの先輩は少し違いました。「真面目にコツコツ挑戦する人が、活躍できる場所です」。ここなら、自分らしく働けるかもしれない。そう思い選考を受けることにしました。

コツコツ成長し続ける。
自分らしいレベルアップを。

配属された加西オフィスは、ハイブリッド車に搭載するバッテリーの生産を担う工場です。初めは生産工程の一部だけを見ていたので、完成するまでの順序をなかなか覚えられませんでした。それでも、半年くらい経つと徐々に全体像がわかるようになりました。ちょうどそのタイミングで、全体工程を監督する「マシンキーパー」という役割に選ばれました。自分以外はベテランの方だったので驚きましたが、任されたことがとても嬉しかったのを覚えています。そこからは、一つ一つの工程の作業を先輩から学び、身につけていきました。さらに一年後には、新人の指導も担当する「シフトリーダー」に。技術スキルだけでなく、コミュニケーション力も求められるので、日々勉強になっています。今は、次の職級を目指して資格の勉強に励んでいるところです。学生時代は、全く想像もしていなかった環境。ですが振り返ると、あの時UTを選んで良かったと心から思います。自分らしく、一歩ずつ壁をクリアして成長していく。「真面目にコツコツ挑戦する人が活躍できる」という言葉は、本当だったと思います。そしてこれからも、自分自身がその言葉を体現する人になれたら、と考えています。