• UTではたらく人
  • /社員インタビュー

技術者と経営者。
UTなら、両方に挑める。

N.H.さん
UTテクノロジー株式会社
厚木オフィス長

2014年UTテクノロジー入社。設計開発エンジニアとして3年間を過ごした後、エントリー制度を活用して、一般職にキャリアチェンジ。現在は厚木のオフィス長を務める。

入社の決め手となった、
エントリー制度の存在。

「尊敬する人をつくるのではなく、自分が尊敬される人になろう」それが、僕のモットーです。母子家庭で育ち、小さい時から弟の面倒を見てきたこともあって、自分がしっかりしなければ、という気持ちが人一倍強かったのだと思います。そんな考えがあったからか、いつかは自分で会社を持ちたいと、起業に興味を抱くようになりました。周囲に両親が自営業を
営む友人が多かったことも影響したかもしれません。大学では機械工学を専攻していたのですが、ゆくゆくは経営にも携われる人になり、自分の本当にやりたいことを貫きたい、チャレンジしたいという気持ちが大きくなっていきました。そんな時に出会ったのがUT。就活を通してすでに内定をいただいた企業もあったのですが、入社の決め手となったのはエントリー制度の存在でした。ここでなら、学んできたことを生かし、技術職としての経験を積める。さらに、同じ会社の中で一般職の経験もできる。将来、経営に携わりたい自分にとって、願ってもない環境でした。

現場の気持ちを、
経営視点に生かしたい。

入社後の3年間は、設計開発エンジニアとして大手自動車メーカーの生産ラインの設計に携わりました。徐々に大きな仕事も任されるようになった頃、マネージャーからエントリー制度への挑戦を勧められました。もう少し技術職として経験を積むべきか悩みましたが、チャンスを目の前に悩むのはもったいないと、一歩踏み出すことに。実際に営業の仕事を始めてからは、当時の経験が非常に役立っています。会話するお客様もエンジニアですから、技術について専門知識の素地があることが活きていますし、同じUTのエンジニアに対しても、自分だからこそできることがあると感じています。エンジニアにとって、どんな場所で働き、どんな技術を身につけていくのかは、人生を左右する選択です。一人ひとりに、「将来こんなことをやりたい」という考えがある。それを知っているからこそ、一緒にビジョンを描いて配属先を提案することが自分の役目だと思っています。僕自身、チャンスをもらって今のキャリアを築いてきましたから、今度は自分が経営と現場をつなぎ、チャンスを与えられる人になりたい。もちろん、起業する夢も諦めていません。いつか自分の本当にやりたいことができたとき、自信を持って挑戦できる自分でありたい。それが今、僕が走り続けるモチベーションになっています。